読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画の感想

読んだ漫画の感想を書く。ネタバレ多少あり。twitter:hunbaba_manga

鳥葬のバベル

 

鳥葬のバベル(1) (モーニングコミックス)

鳥葬のバベル(1) (モーニングコミックス)

 

2巻まで

amazonのあらすじ 

壮絶な過去を抱えながら、懸命に今を生きるリサイクルショップ店員・加瀬宗助(かせ・そうすけ)。彼がようやく手に入れた、小さな幸せは、突如出現した、巨鳥・サンダーバードによって奪われた。恩師・駿河(するが)を鳥に殺されながら、どうにか生き残った加瀬は、駿河の愛娘・マリを守りながら巨鳥と戦うことを決意する。

 

久々に見るとてもいい感じのミステリー。

 最近小説のコミカライズで転生ものばっか見てたんで新鮮。

 ちょっと描き分けに難がある部分もあるけど、続きが気になる作品。

 この作者の他の作品も読んでみたい。

悲鳴伝

 

悲鳴伝(1) (ヤンマガKCスペシャル)

悲鳴伝(1) (ヤンマガKCスペシャル)

 

 2巻まで

amazonのあらすじ

何事にも動じない心を持つ空々空。
彼の何気ない日常と呼べるようなモノは剣道少女・剣藤犬个に斬り捨てられた。
敵は“地球”!? この物語は、英雄に選ばれてしまった少年の、まったく新しい英雄譚である。
西尾維新の<伝説シリーズ>がついにコミカライズ!! からっぽ。だから、ヒーロー。何事にも動じない主人公・空々空(そらからくう)の元に剣道少女・剣藤犬个(けんどうけんか)が現れ、彼は英雄として選ばれた。少年に与えられた使命は、人類の敵“悪しき地球”を撲滅すること。

 

好きな小説家のコミカライズということで読んでみた。

 世界観とか設定はおもしろげなんだけど、

 原作に引きずられてか、説明口調部分が多い気がする。

 もっとばっさりコミカライズしちゃってもいいかも。

 

 

かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~

 

 5巻まで

amazonのあらすじ

「恋愛は告白した方が負けなのである!」 家柄も人柄も良し!! 将来を期待された秀才が集う秀知院学園!! その生徒会で出会った、副会長・四宮かぐやと会長・白銀御行は互いに惹かれているはずだが…何もないまま半年が経過!! プライドが高く素直になれない2人は、面倒臭いことに、“如何に相手に告白させるか”ばかりを考えるようになってしまった!? 恋愛は成就するまでが楽しい!! 新感覚“頭脳戦”ラブコメ、開戦!!

 

ばかばかしいと思いつつ、ついつい5巻まで読んでしまった。

 この調子で楽しく読めると、その後は積み上げを利用して

 コメディだけでなく、いい雰囲気系にも持っていけるからよさげ。

 

 

 

 

 

効率厨魔導師 第二の人生で魔導を極める

 

効率厨魔導師、第二の人生で魔導を極める 1 (アルファポリスCOMICS)

効率厨魔導師、第二の人生で魔導を極める 1 (アルファポリスCOMICS)

 

 2巻まで

 

中世ファンタジーの人生やり直しもの

 そしてもちろん俺つえー系、だったはず。

 最近これ系ばっかり読みすぎてビビる。

 最初の世界観や設定を覚えて俺つえーするまでが楽しい。

 全部3巻くらいまでしか読んでないが、

 長期的に楽しく読めるのだろうか。

 

麦の惑星

 

麦の惑星 1 (フィールコミックスFCswing)

麦の惑星 1 (フィールコミックスFCswing)

 

 2巻まで

amazonのあらすじ

最近、弟ができました。パンが好きな……宇宙人の弟
パン職人兄×宇宙人弟の
ほっこり兄弟ごっこダイアリー

 

あらすじにある通りほっこり日常もの狙い

 のはずだけど、あんまり俺にはヒットしなかった。

 まあまだ2巻までなんでもうちょい続きを見ないとなんとも。

 

 

 

てのひらの熱を

 

てのひらの熱を(1) (週刊少年マガジンコミックス)

てのひらの熱を(1) (週刊少年マガジンコミックス)

 

 全3巻

amazonのあらすじ

「必要なのは、地面と体。あとは拳を握るだけだ。」……ものすごく姿勢のいい少年・木野下慎也と、全国大会6連覇の天才空手少年・柳屋匠。きっかけは偶然…けれどきっと、運命。2人は出会い、笑い、そして惹かれあう。物語の舞台は、川崎浮島中学空手道部。汗と絆と笑顔の空手道、はじまる!!

 

才能がある素人が空手でスポ根する話

 少し変わった能力で周りが驚きながら活躍していく感じは

 最近よく見るが、自分も好みの展開。

 てか3巻で終わりなの、2回目読んでやったわかった。

 

 

強くてニューサーガ

 

3巻まで

 

中世ファンタジーのやり直しもの

 そして小説からのコミカライズもの。

 転生ものではないが、結局は俺つえーを楽しみ系。

 そういうのが好きであればどうぞ。